>

自分に合った占い師を見つけるためのコツ

自分に合った占い師に巡り合う為のポイント

占い師と対面するか対面をしないか

対面方式の占いの良さは、相手の顔や表情を見て占ってもらえることです。お店の雰囲気や、目前で占ってもらえるちょっとしたエンターテイメント要素もあります。
ただ、人気のある占い師だと中々予約が取りにくかったり、その場所までが遠かったりなど、ライフスタイルに多少影響があることも出てきます。
その点、電話・メール・チャットなどはある程度時間的に融通が利き、自分のライフスタイルに合わせることが出来ます。表情が見えなかったり、声のみのコミュニケーションですので、対面が苦手な方はこちらの方がライフスタイル的にも良いかもしれません。

どちらの方式もメリットデメリットがありますが、自分のライフスタイルに合っている方を選びましょう。現在では、電話・チャット・メールなどの占いの方がニーズが多いようです。

統計学としての占いとスピリチュアル系占い

実際に占ってもらう方法は多岐多様に渡ります。
昔ながらのタロット占い、字画、西洋占星術、手相等。
スピリチュアル系の霊視・霊能者などの占い。

占いの方法については、自分の好みがあるかと思います。
簡単に言うと字画・西洋占星術・手相などは統計学に基づいています。多くの人の画数や手相などを見てきた結果、それぞれのもつ特徴的な結果を当てはめて「この字画はこういう人が多い」「この時間に生まれた人はこういう人が多い」「この手相の人はこういう人が多い」などです。
ただし、手相などは全く同じ手相の人はこの世に存在しませんので、「手相の線」の考え方は占い師によって違う事も多々あります。

スピリチュアル系の占いは、自分が信じられるか信じられないかが選ぶポイントになります。宗教がついているものもありますし、オーラが見えるという占い師も居ます。
霊視で占いながら、ヒーリング効果でお客様を癒すというスタイルもあるようです。


この記事をシェアする